ブログ

2022/11/18

電気代高騰中!冬の電力使用量の割合が一番大きいのは・・・

北国や山間部では初冠雪の便りが多く聞かれる中、日を追うごとに冷え込みが増し、外はもう冬の気配が漂っておおります。そのような中、昨年秋から続く石炭や原油、液化天然ガスの値上がりの影響で電気代が高騰し、家庭だけでなく企業の経営も圧迫している状況で、年間で一番電気代がかかる冬を迎えようとしております。

経済産業省・資源エネルギー庁の調べによると、冬の一般家庭で夕方に電力使用量がもっとも大きくなる電化製品(暖房をエアコンでしている場合)は、エアコンが約30%で、なんと1位となっています。また、エアコンの電気代は、夏季より冬季の方が高いといわれております。

 

エアコンの買い替え時期は、夏前が主流と思われがちですが、電気代が高騰している今、エアコンの更新を検討されてみてはいかがでしょうか。

ヒカリS.Eではご自宅のルームエアコンから業務用のエアコンまで幅広い商品をご提案させていただいております。お問い合わせからご提案、施工、アフターメンテナンスまで一貫してお任せください。

お困りごとがあった際は、群馬県、埼玉県、宮城県にあるワンストップ施工のヒカリS.Eに、先ずお問い合わせを!

お問い合わせ

あずま産業祭

ページトップページトップ